M&Aリーダーシップ・プログラム

M&A
リーダーシップ・
プログラム

M&A Leadership Program

M&A経験を積む場所

「M&Aを経験する機会が少ない」、「M&Aの一部のみ知っているが全体感がつかめない」、「もっとM&Aの応用分野を勉強したい」。そのような「M&A実践実務講座」(注)の受講者の声が動機となりMALPの企画が始まりました。

M&Aの取引実行は、買い手サイドにとってはスタートラインに立ったにすぎません。我々は、取引実行後のPMIや企業価値向上施策、そして出口戦略までをM&Aの全体ととらえた上で、プロジェクトを主導するリーダーを育成したいとの思いでMALPを立ち上げました。どのように外部専門家を使い、社内の部署をまとめ、適切な意思決定を行っていくか。そしてPMIの実行をはじめ戦略目標をどう実現していくか。ベンチャーM&AやアジアM&Aなどの応用プロジェクトをどう推進していくか。

M&Aは実際にやってみないと経験にならないというのも事実です。でも機会を待っていたらいつまでたっても経験は積めません。特にPMIは実際に取引が実行されないと始まらないのです。それに経験があったとしても、自分の少ない経験が果たして別の局面に単純に当てはまるのかという問題に直面します。

経験豊富な講師陣、そして同じ目的意識を持つ受講者との議論の中で経験を積む、そういう場があっていいのではないか。実際の案件以外にM&A経験を積む場をつくりたい。

そのコンセプトに賛同いただいた講師陣のご協力を得てMALPは開講しました。講師陣はいずれも各分野において第一線でご活躍されている一流のプロフェッショナルです。日本企業のM&Aリテラシーの向上に貢献していきたいとの考えをお持ちの方々です。

今回、コロナ禍に鑑みオンライン形式での講義となります。加えて可能な限り受講料を抑えています。この理由は、M&Aフォーラムは、このような厳しい環境下でもM&Aに関わる人材育成投資を抑制することはあってはならないと考えるからです。過去いくつもの危機・苦境がありましたが、その度に我々は教訓を得て、学び、実行して乗り越えてきました。多くの職業人と組織にとって、M&Aとその関連分野の「技術」は、どんな環境であっても事をやり抜くために必要かつ最も重要な武器の一つです。

単科受講制ですので、ご興味のある分野にぜひご参加ください。
(注) M&A人材育成塾の最も代表的な講座であり、M&Aプロセス、バリュエーション、M&A契約などのM&A実務の基礎を学ぶプログラム

MALPの特徴

オンライン+単科受講形式

  • 今回よりオンライン形式を導入
  • 原則としてZoomウェビナー又はZoomミーティングを使用
  • 1講義から選択可能の単科受講形式
  • 受講料は、コロナ禍の状況を踏まえ当面の間、抑えた価格に設定

MALPの位置付け

  • 「M&A実践実務講座」の応用レベルの位置付け
  • M&Aの全体プロセスや、プロセスをまたぐ講義
      バリュエーションのみ、契約のみ→DDとPMI、DDと契約交渉などのプロセス間の連携
  • 応用分野の講義-ベンチャーM&A、アジアM&A(今回は休講)、事業再生M&A
  • ケース・スタディを取り入れる科目、グループ討議を行う科目の存在(但しオンライン講義ではグループ討議について一部変更・制限があります)

なぜMALPが必要とされるのかこんな方に受講をお薦めします

M&Aは、実際に経験する機会はそれほど多くはありません。多くの方は、「業務を通じて学ぶ機会が少ない」、「全体を把握するのが難しい」という感覚を持っています。そして、事業会社ではM&A取引が成立する前後で担当者や部署が変わることも珍しくなく、自分の担当プロセス以外は分からないといった状態に陥りがちです。

しかし、それではPMIを意識して企業評価、DD、契約交渉、そしてM&A戦略を組み立てることが難しくなります。たとえ担当するプロセスが違っていたとしても、他のプロセスとの関連を知ること=全体を俯瞰して部分を知ることは、M&Aの能力向上には有益です。M&Aには必ず相手方(対象会社も含みます)が存在し、その相手方の意思を含む全ての状況が案件ごとに異なります。ある案件でうまくいったことが、次の案件でもうまくいくとは限りません。特に多くの有力な事業会社はいわゆる「買い手」ポジションですが、売り手や対象会社の立場を充分に理解せずに進めることはよいことではありません。しかし実際に案件が始まると、進行スピードが速く、理解する時間はほとんどないことが普通です。

また最近では組織・個人として最初に経験するのがベンチャーM&AやアジアM&Aを含むクロスボーダー案件といったことが 普通になっています。これも通常のM&A経験がない中でチャレンジするのは大変なことです。

M&Aの全体を俯瞰しプロジェクトを主導する、その経験値を高める場がMALPです。ケース・スタディやグループ討議(但しオンライン講義では対面と異なり制限があります)を通じた講師や他の受講者との議論は、他の視点や経験を取り込むよい訓練の場になります。自分が未経験の分野を含めて、プロジェクトが始まる前に知っておくことが重要なのです。そして常に起こるM&Aでないからこそ、外部専門家の使い方が重要なのです。

経営企画部・事業開発部などのM&A担当部署はもちろん、法務部、財務部、人事部などのコーポレートの専門部署、CVCその他ベンチャー投資部署所属の方、事業部の事業企画担当者などPMI担当の方にもよい機会になると考えております。投資ファンドやVCの方も同様です。FA、コンサルタント、弁護士の方は受講制限のない講義について、ぜひ受講をご検討ください。